気管支喘息について

2007年10月03日

朝晩、冷え込み一年で最も喘息発作がでやすい季節になりました。

小児の気管支喘息は、発作のきつい時だけの治療ではなく、
医師の元で、喘息の予防をしたり、発作のコントロールをすることで、
治る確率が高いといわれています。
お子さまにあった治療を一緒に行って行きましょう!  


Posted by マナ&ベビー at 16:01Comments(0)